商品を守る箱

それを扱うどんな人たちがいるか

化粧箱は売り出す商品を保護する大切な箱です。 商品を売り出す側が専門的な業者に依頼して作ってもらいます。 印刷や紙器やパッケージを扱っている業者がそれを担当しています。 化粧箱に入れる商品を扱う会社が業者にまとめて依頼するケースが多いです。 オフセット印刷が1000個からでフレキソ印刷が500個からで大量生産が主となっています。 ロット1000個の場合、4色カラー印刷だと平均120000円からで1色印刷だと80000円からです。 製作物の確認は1週間から2週間ほどかかります。 会社と業者がそれぞれ連携して化粧箱を作成するのでデザインも豊富なのです。 なので、信頼できる業者を会社は選んでいます。 化粧箱は専門的な業者に頼むのが一番だと商品を売り出す会社は知っています。

それについてどんな商品やサービスがあるか

化粧箱にはいろいろな種類があるのです。 業者によって製作物はさまざまです。 1つは生チョコのパッケージで使われる蓋裏がデザインされているものです。 2つはサック箱でオリジナルパッケージが売りです。 3つはPOP箱で絵本のように飛び出す仕組みになっています。 4つはワンタッチ箱の開封が工夫されているもので独創的な開封形状です。 5つはつり下げ窓付きのインターロックです。商品の中身が見えます。 6つはつり下げ式サック箱で中に貼り箱が入っています。 7つは組み立て箱で中に仕切りがあり、工夫されているものです。 それぞれ化粧箱に応じて製作に工夫があるのです。 中の商品に応じて化粧箱の仕組みを変えて売り出しています。 製作においてサービスする側の企業努力が見えます。