中綴じで情報豊富に

中綴じ印刷概要と利用方

中綴じ印刷とは10ページ前後の小冊子の印刷サービスです。ページの真ん中をホッチキスでとめた印刷です。一般のチラシではありません。それより情報量の多いパンフレットやカタログに適しています。だいたいの相場は500部16000円程度でフルカラーができます。一部30円強となります。携帯電話のパンプレットや企業説明の冊子などに使われています。通信販売のカタログなどはこれより厚い冊子を使っています。注文から1週間以内にできあがるようです。データの入稿にはイラストレーターやフォトショップ、オフィスなどのソフトで作ったデータを使います。データの入稿後はチェックをして、問題なければ印刷を行うようです。私もチラシの印刷を行ったことがあります。時間も早くて印刷もきれいでした。

印刷は効率の良いマーケティング手法

中綴じ印刷は非常にたくさんの情報を載せることができます。私は個人の商店を営んでいました。主に印鑑のチラシを作りました。A3の用紙一枚もあれば十分すぎる位の商品情報が載せられます。中綴じ印刷の場合はそれが5枚以上となります。60ページ位の印刷に対応してくれます。こうなると完全に個人商店では載せる内容がありません。中綴じ印刷では企業や学校といったたくさんのサービスや内容を提供する組織で必要となります。中綴じ印刷ではパンフレットやカタログを専門で作る部署なり人が必要です。広報部門は企業の販売促進をする重要な機関です。印刷物の発行はお客様に直接サービスの内容を知らせる効果の高いマーケティング手法です。単価も安いのでどんどん利用すれば良いと思います。